狭心症

#77 返事だけはいい星人

つづき。

私の親友は、10歳年下だ。

看護大学時代に出会って、私が28歳、親友が18歳だった(*´ω`*)

現在、私が40歳、親友2人は30歳。

(私を敬え)





入院した当日は、親友にも心配をかけてしまった。


心配した親友2人は私に好き放題言ってきた。

私の突っ込みとともに紹介しよう。


ききちゃん(・_・)←こんな感じ
りりちゃん(*´∀`*)←こんな感じ



復職したら「夜勤もやる!」と言ってた私に、2人は心筋梗塞した時から夜勤するのはずっと反対だったから、そこは見ざる聞かざる言わざる戦法を発揮していた。



ききちゃん(・_・)
『夜勤だよ! 夜勤!

やめた方がいい。ほんと。

yakinnn』


『夜勤。。。えー』


ききちゃん(・_・)
『えーじゃねーよ!酒より夜勤だよ!』

(そういえばお酒やめるって約束してた!)


ききちゃん(・_・)
『絶対体に悪いもん。

健康体の私でもしんどいもん!

健康の 10歳 若い 私でも!!』

(うるせー!)


ききちゃん(・_・)
『10さい!!』

『若い!!』

『私でも!』



『10さい!!

言ったなコノヤロー!!』


ききちゃん(・_・)
『なので私は夜勤をやめた。』



『なるほど。10歳だしな。』


ききちゃん(・_・)
『そうそう』



『分かった。日勤だけでいい感じの仕事を探してみようか。』

(探す気ねぇ。病院で夜勤やる気満々)


ききちゃん(・_・)
『普通に生活してても心負荷(心臓に負荷)かかってるってことだもんね。

うん。そうすべきや!』



『わかるっちゃわかる。

ような気がする??』


ききちゃん(・_・)
『(ー_ー)。。。』



りりちゃん(*´∀`*)
『夜勤してると寿命5年短くなるとか聞いたことあるぞ!

そのくらい体に負担がかかる!』



『いやだー!

りり達が100歳まで生きるなら私は110歳まで生きる!』


りりちゃん(*´∀`*)
『私もチチが仕事復帰したら夜勤断固拒否するぞ!』




そういうやり取りを入院初日にしてまして。


本当にありがたい。

このやり取りをした日の朝に胸痛発作で2人に心配をかけてしまったから、

2人の言葉を重く受けとめ、

お酒をやめて、勤務は日勤だけにする。

 

私は、そう心に誓いました。

 

 

 

 

《《《《その時は( ゚д゚)》》》》

 


 

※同じことを繰り返して、同じ失敗する人いるじゃないですか?

なんとなんと、アタシのことなんです。

Σ(・∀・;)言っちゃった!!

人の助言を聞く時もあれば聞かない時もある。

聞かない時はほぼ失敗している(・∀・)

ただ、これだけは言わせてください。

みんなのおかげで、こんなにも、いつだって、ハッピーなんだぜヾ⁠(⁠˙⁠❥⁠˙⁠)⁠ノ

 

 

 

 

いつも応援ありがとうございます。ブログランキングにポチッとしてくれると嬉しいです(^_^)/


看護師ランキング

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です