私のこと

#95 チチ母とチチ姉と再会

仕事が決まってからは毎日楽しくて浮かれていた。

心の中は、やっと働けるー!(⁠ ⁠/⁠^⁠ω⁠^⁠)⁠/⁠♪⁠♪と小躍り。


エイッ⁽⁠⁽⁠◝⁠(⁠ ⁠•⁠௰⁠•⁠ ⁠)⁠◜⁠⁾⁠⁾ホイッ₍⁠₍⁠◞⁠(⁠ ⁠•⁠௰⁠•⁠ ⁠)⁠◟⁠₎⁠₎

仕事だ⁽⁠⁽⁠ଘ⁠(⁠ ⁠ˊ⁠ᵕ⁠ˋ⁠ ⁠)⁠ଓ⁠⁾⁠⁾やっとだ♪⁠ヽ⁠(⁠・⁠ˇ⁠∀⁠ˇ⁠・⁠ゞ⁠)

四月から└⁠|⁠∵⁠|⁠┐⁠♪精神科♪⁠┌⁠|⁠∵⁠|⁠┘⁠♪



三月に入り、なかなか順調な回復だった。



穏やかな日々


穏やかな日々だった。


・ジムに行って軽めの筋トレ

・治療院で先生たちとおしゃべりを楽しみながら骨格矯正

・親友のききちゃんとチビと家で遊んで

・神奈川に仕事で来ていた兄が会いに来てくれて

・向精神薬の勉強したり

・読書したり

・受診では、検査結果は良かった。




チチ母とチチ姉夫婦が上陸


3月10日、チチ父は仕事の都合で後日来るということで、先にチチ母とチチ姉夫婦が会いに来てくれた。


どれくらいぶりだろう。


久しぶりに会った時は夜だったから、一緒に夕飯を食べに行った。


私は緊張していて胃がキリキリ痛み、食欲がなかった。


チチ姉は幼い頃から私のことを全否定してきた。

私も反発するからケンカが絶えなかった。


チチ母は私が心筋梗塞になって連絡をくれたわけでもなかったし(・。・)


なんでわざわざ沖縄から私に会いに来てくれたんだろう。。。

そのことが気になってたけど、ま、いっか!


死ぬ前に会っておきたかったから、今は何も考えず流れに任せてみよう(^o^)v

1.チチ母との思い出

#59 母との思い出の回復

2.再会のきっかけ

#83 チチ母とチチ姉からの伝言

 

初日はみんなあまり目を合わせず、笑いが起きるわけでもなく、夕飯を食べてバイバイした。


帰宅してから、くたくたになった私は倒れるようにベッドに横になった。




チチ、フィーバーする


そして翌日、やっぱり姉妹なんだろう。


おしゃべりも笑いも止まらず、楽しい時間がやってきた(・∀・)

お腹が痛くて息が苦しいくらい笑い転げて、にぎやかだった。

チチ母の笑い声久しぶりだな、嬉しいな、楽しいなヽ(=´▽`=)ノ

チチ姉が笑ってる。元々よく笑うもんな、嬉しいな、楽しいな(≧∇≦)/



チチ母とチチ姉が家事を手伝ってくれて、パパっと用意できるように、食材を下準備して冷凍保存してくれたり。


色々やってくれて助かったし嬉しかった。


8日間の滞在中、毎日遠出した。


東京行ったり埼玉行ったり、買い物や観光もして、写真もたくさん撮った。


チチ姉が洋服をたくさん買ってくれて、スマートウォッチもプレゼントしてくれて、嬉しいことだらけだった。


どこにでもいる家族のようで嬉しかった。


ドライブも楽しく、おしゃべりが尽きなかった。



病気になるのも悪くないな、と思った。


実は病気にならなかったら死ぬまで会うつもりなかったの(⁠˘⁠・⁠_⁠・⁠˘⁠)


だから病気が再会するきっかけになったけど、幸せだったヽ(=´▽`=)ノ


やっと普通の家族みたいになれて、嬉しかった。


お互いを思いやるっていうか、愛情を感じられるというか。


こうしてずっと仲良くしていけたらいいなと心から思っていた。

あの時間は、嬉しくて、楽しくて、チチ母もチチ姉も私の前で笑っていて。

目の前の明るい光景に幸せを感じていた。




次回はチチ姉の旦那さんと入れ替わりでチチ父が来た日からの話をしよう(*^▽^*)

 

 

横浜中華街でプリクラ撮った。オレンジ服が私。隣がチチ姉夫婦、真ん中手前がチチ母

 

いつも応援ありがとうございます。ブログランキングにポチッとしてくれたら嬉しいです(^_^)/


備忘録・雑記ランキング

 

POSTED COMMENT

  1. アラレちゃん より:

    チチ姉マッチョ旦那が全然マッチョに見えねぇ

  2. アラレちゃん より:

    ごめん、絵のことは置いといて
    真面目にコメントするね

    ダメだ、絵へのツッコミがありすぎて
    コメントができねぇ

    • チチ より:

      アラレちゃん

      私の絵最近ピカソって言われてるからな。
      先見の目があるね、君。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です